バッチ・グルーピング

SCMロボット「コマースロボ」

帳票出力、ピッキング作業を超効率化


納品書や送り状帳票を出力する順番は後工程のピッキング、梱包作業の生産性に直結します。そのため事務員が細かい条件で順番をコントロールして出力する場面が多く、属人化になりやすい作業となっています。

バッチグルーピング機能

バッチグルーピング機能は引当処理をした結果から事前に設定していたルールに基づき自動で振り分けを行えます。事務員の属人的作業を排除し、データ処理や帳合ミスの防止、倉庫現場の待ち時間の削減に貢献します。バッチグルーピング機能の種類は下記の構成で設定可能です。

ルール設定
どの単位で注文をグループ化するか大枠の設定

分割設定
配送方法、支払い方法、ピッキングゾーンなどで分割するか設定
除外設定
配送方法、支払い方法、のしやギフトなどでバッチから除外するか設定

後払い設定
後払い用紙を一体型で出力するか、納品書と別々で出力するか設定
印刷順設定
配送会社、郵便番号順で印刷するか設定
SDバッチ(SameDifferent)-同一商品を同一点数を購入しているグループ化します。購入パターンが決まっている単品リピート通販やSKUが少なく売れ筋品が多い荷主様向け
1-1バッチ(1行1点)-1点購入のみの注文と複数買いの注文をグループ化します。アパレルや雑貨等SKUが多く購入パターンが多い荷主様向けオプションの送り状後出し機能を利用するとさらに効率化することが可能です。送り状後出しリンク